<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の思い出

f0200501_22422658.jpg

8月2日

アトリエメンバーで海へ。
生憎の天候の中、雨から逃げるように向かった先は唯一晴れていた香川県!
かくして、『海とうどんツアー』が決行された。
着いた先は押しも押されぬ『真夏の日の下』。暑いのなんの。

うどん1件目
さぬきうどん つるわ
注文:生醤油うどん
ああ〜これやこれや〜さぬきの麺は〜
つるつるでちょっとねばこくて、モチモチ。
私的に、このちょっとねばこくて、というのが最大のポイント。


海。
津田の松原というビーチへ。
混み具合は、いい感じ。
前回紹介した水着を初お披露目。

友達に教えてもらってプカリと海に浮かんでみる。
見えるのは空、太陽。
耳が海につかっているので聞こえるのはゴーという音ばかりでシンとしている。
無重力。自分の体重を感じないとはこういう感覚なのか。
ふと横を見ると、声は聞こえないけど皆のはしゃぐ姿が見える。
幸せな夢の中みたい。



スイカ割りもした。もしや私、初めてか??
下は、スイカ割りに成功した友人。


f0200501_1313284.jpg
f0200501_1314663.jpg

f0200501_1314254.jpgパカッ お見事!














遊ぶ、遊ぶ。
砂でカメをつくる。
海藻を集める。
海に投げ込まれる。
遊ぶ遊ぶ。



これは、おみやげ。
f0200501_13164943.jpg















遊んだ後はおなかが減る。
というわけでうどん2件目。

大浜
注文:かき揚げぶっかけうどん

なんといっても、まずかき揚げの大きなこと!!
お皿からはみ出してます。
かなり!おなかいっぱいになりました。
麺は私の判定ではつるわの方が好みでしたが、おいしかった。
おばちゃんのキャラ、超ナイス!
帰りにラムネ菓子を貰ってみんなで食べるは懐かしい味、シュワッと溶ける。


その後はおふろも入った。

みんなもう思い残すことは何もない!と大満足で香川を後に。
こんなにみんなで思い切り遊んだなんて、大人になってからはそうそうない。

まさに100%遊びきった夏の日でした。
[PR]
by sumiresugar | 2009-08-30 11:30 | Travel

心して向き合わん!

いやーついに出ましたよ。
何がって…


f0200501_23302726.jpg



ガラスの仮面(通称:ガラカメ)44巻。

ホントは明日発売日らしいんだけど、今日売ってるとこ多数…という情報ゲット、
本屋へ走ればあったあった平積みの最新巻☆
帰るまでに途中で読みたくなったくらいのソワソワ、ワクワクは小学校時代を思い出させる。


思えばこの漫画に出会ったのは高校生くらい。
教えてくれたGちゃんありがとー!

古いタイプの少女漫画の絵柄に最初は躊躇していたものの、
グイグイとひきこまれ、もう10年以上たったのか…


一見平凡で取り柄のない地味な少女、マヤ(実は天才)。
f0200501_026937.jpg


一方、芸能界のサラブレッド、華やかな美貌で評判高い亜弓(実は超努力家)。
f0200501_0264753.jpg


この二人が、お互いがお互いを真のライバルと認め合い、伝説の「紅天女」の主役を求めて火花を散らす…
これが大筋。


そしてそこに平行して、運命の恋がからむ。
f0200501_027293.jpg

これが、真澄さま。
芸能会社の押しも押されぬハンサム若社長。
幼少のころより英才教育を受け、社長になるためだけに育てあげられた仕事の鬼である。

しかし、マヤの演技への情熱に心動かされ、その冷血ハートが溶かされていく。
そして、いちファンとして名を明かすことなく紫のバラを送り続け(…!)
「足長おじさん」的にマヤを支えていくのだが、

いつしかそれが深く激しい愛情になっていくのであった…
ズガーン!!

「バカな?!この俺があの11も年下の少女に恋を…?!」


そしてつらいときも苦しいときも陰から支えて見守ってくれていた足長おじさんが
実は憎んでいたはずの若社長と知ったマヤもまた自分の中の彼の存在の大きさに圧倒される。


f0200501_0544096.jpg

しかししかし、一筋縄ではいかぬ二人の気持ちの行方。


嗚呼、目が離せないのであります。


この漫画のおもしろいところはね、

○演技の特訓の仕方がもんのすごい。
 普通、死ぬ。

○マヤも亜弓も両方応援したくなる!けど主役はひとりなのよね。
 ああ、でもどっちもがんばってほしい!

○マヤと真澄さまが、ひっつきそうで、ひっつかない。
 もう!いい加減に気持ちをバーンとぶつけ合って求め合いなさいよ!
 押し倒しなさいよ!
 でも、そのじれったさに毎回クネクネさせられちゃうんよね。

○超長期連載の中で、先生はいったん雑誌に掲載したものが納得いかず、単行本にする際に、
 納得のいくまで何年もかけて大幅描き直し。
 41巻の次に42巻がでるまで6年かかった。次の43巻が出るまでには4年。
 読者も長丁場を覚悟していたところ、しかーし!今回44巻が出たのは
 それからたったの7ヶ月後であった!!こりゃもりあがるね!!

○横道ではありますが、いたるところにツッコミどころ満載なのもおもろいところ。
 連載開始は1976年で、設定上ではそこからまだ7年しかたっていない、と
 いうことが最新刊から判明しましたが…、
 
 42巻から唐突に、そしてむやみやたらに文明の利器が登場。
 例:前巻までは黒電話→写メ付きケータイ登場 超違和感。


そしてこの44巻に関しては…内容についてはこれから読む人たちのために触れないでおきますが、

まさかの展開にオロオロしました。
どーなるの?どーなるの?
どーなっちゃうの??


先生、いろんなところで言われまくってるでしょうが、
どうぞお体大切になさって、
45巻読ませて下さい。

できれば来年中には。
いえ…生きてる間に完結させて頂ければ…
(これ、ほとんどの人が言ってるのだけど、やっぱり自分もそう思う。)

いつまでも待ちます、
たとえどんな結末でも…
[PR]
by sumiresugar | 2009-08-26 00:58 | Favorite

大好きなマンネリ


「にちようび」1990年



ジッタリンジンがここ10年くらいやっぱり好きです。
やっぱり、と言いますのは、
聴くたびに
「ああ。やっぱり好きだなあ」
と感じているわけでございまして、

安心できるマンネリ感が新鮮、というのは言い方がおかしいのでしょうが、
ユーチューブなどで新しく聴く曲があっても、
「あ、ジッタリンジン節だなあ」と妙にうれしいのですね。


わりと最近(といっても9年前)のいい曲もアップ。

すごいよ、だってこの一貫してゆらがない「同じよーな音楽」(愛をこめて、あしからず…)を
結成が1986年で今もやってはるから23年も続けていはるんやよ。

最近「なつまつり」でまた人気再燃らしいのですが、他の曲ももっと注目されてほしいなー!
この、まっすぐな声とちょっとさみしい楽しい曲調がさ。
青春やないですか。



「青いカナリア」2000年




9月に神戸でライブあるらしく、誰かご一緒して下さるなら
有休とって見に行こうかしらん。
いかがでしょう??
[PR]
by sumiresugar | 2009-08-21 03:22 | Favorite

一番会いたい人、一番いきたい場所

f0200501_96528.jpg

今日からお盆休みに入りました。
いやー、今日は徹底的にダラダラした。

旅にでよっかな、と地図を広げてみたのだけど、
イマイチピンとこない。
もう一度高知にも行きたいし、鳥取砂丘や松江もいい。
瀬戸内のまだ行ったことない島にも行ってみたい。

でも、でも、その景色で何もかも忘れて心から楽しんでいる自分がどうしても浮かんでこない。
(余談だけど、いつもはそのイメージに突き動かされて旅立つ)



きっと、今どこへ行っても、このモヤモヤは追ってくるだろうという予感がする。

何日か後に再び始まる現実を無視して心から楽しめるわけはないのだと。



そしてわかった。

今、一番行きたい場所は
「自分の居心地がよい部屋」で、

今一番ゆっくり話がしたい人は、
自分だ。



ここ最近ずっといろんなものに流されてきたから、
このお盆休みで呼吸を整えよう。

きっとそれが一番いい過ごし方で、一番贅沢だ。



掃除して、ぼーっとして、
自分とおしゃべりしよー


それもなかなかいいもんだきっと。
そう思いました、30の夏休み。

イエー
[PR]
by sumiresugar | 2009-08-14 00:27 | Memo

カルピ酢ソーダ

f0200501_16266.jpg

夏ですね!!
うっかりすると、夏バテです。
私もすっかりバテていました。
そして思い出した、そんなときの強い見方。

それは、お酢です。

最近の私はとにかく飲み物にお酢を混ぜて飲んでいます。
お酢はいいよ。

お酢の効能についてちょっと勉強。

疲労回復、かぜの予防、ストレス解消、肩こりの緩和
血液の浄化、生理不順の改善、美肌、シワ予防
悪酔い・二日酔いの防止、口臭の予防



へえ〜!!めっちゃスゴイやん、お酢。
…と、なんやら「あるある」みたいになりましたが、

でも確かに疲れが取れやすくなった気がするのです。

でも、お酢が体にいいとは知っていても、
続けにくい。そう思っている人は多いはずです。

それは、やっぱり、
すっぱいから!!

ツーンと鼻にくる、あの刺激。
慣れてないと、飲むのビクビクしますよね。


そこで!!
飲みやすいブレンドをいろいろと試してみました。
ほっほっほ。


○ジュースと混ぜる
 グレープフルーツ・オレンジ・アップルなど。
 飲みやすくはなるけど、まだ刺激は強い。

○牛乳+ハチミツと混ぜる
 これ、えーって思う人多いと思いますが、ラッシーみたいでなかなかいけます。
 牛乳と混ぜると、飲むヨーグルトのようにトロッとなります。 
 ポイントは、作ったらすぐ飲む事。分離すると見た目が…モロモロに…

○牛乳+カルピスと混ぜる
 上記にほぼ同じ。おいしい。

○カルピス+ソーダと混ぜる
 これが、最強ヒット。
 ベタ故にすでに居酒屋などで同名のメニューがあるであろうが、
 名付けて
 『カルピ酢ソーダ』

 酢の酸っぱさと、カルピスの乳酸菌系のさわやかな甘さがソーダではじける、
 夏にピッタリのドリンクです。

ちなみに画像のお酢は私が2〜3瓶は空けたお酢。
はちみつ入りなので、ジュースとして飲みやすい。
…のに、最近近所のスーパーから消えた。カムバックはちみつ黒酢!!

これならたっぷり入ったお酢のビンも見る見る間に減っていきますよ。
あとは普通のお酢なら、ラーメンとか、焼きそばとかにもちょっと混ぜてサッパリ味にしたり。

是非是非みなさまも
レッツお酢。
[PR]
by sumiresugar | 2009-08-09 00:50


********************* 京都・三月生まれ・三十路・日々あれやこれや*********************


by sumiresugar

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
Gallery
Memo
Travel
Favorite
Life

以前の記事

2013年 09月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 06月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

お気に入りブログ

今日マチ子のセンネン画報
ubsna
mitsuba
ど35生活
炊きたてごはん。
かみ添 - Kamisoe -
エゾノコ手作り帳
 konefaの夢☆生育...

メモ帳

検索

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧