カテゴリ:Life( 17 )

最近のこと

ここ3週間、ナーンモしてません。
なーんも、ナーンモ、軟藻。

朝が来て、おなかすいてる、なんか食べる、
昼が来て、おなかすいてる、なんか食べる、
昼過ぎ、おひさまサンサン、雨が降ったらお休みで
冷蔵庫に何もなければフラフラ買出し、
何かあったらちょっとつまみ、
日が沈み、暗くなってゆく、
夜が来て、気分悪ければ横になったまま、
気分よければなにか作る、
ダンナさん帰ってくる、気分よければ一緒に食べる、
そのまま横になる、
眠くなったら、寝る。
服もほぼ同じですっぴん…

気分が悪いことでこんなに何もできなくなってしまうのか、
食べ物がおいしく食べられないことがこんなにつらいとは。
いいかげん、飽きました。
動くことにします!!


したいこと▼
京都行きたい…鴨川歩きたい!ちゅーか、出町柳付近を夕方ふらふら歩きたい!
かわいいものつくりたい!
花見だんごとかテンション上がるもの食べたい!
おいしいものをおいしく食べて「あーおいしー!」って言いたい!
友達に手紙かきたい!
バカバカしい映画で笑いたい!
かわいい服着たい!髪型もかわいくしたい!
友達に会いたいー!ウキウキしたいー!
女の子とケーキとかかわいいもの食べたい!
滋賀の本屋じゃない本屋に行きたいー!
おひさま浴びてボーッとしたい!
ちゅーか、京都に住みたい…

食べたいもの▼
おはぎ
京都のラーメン
蛸虎のたこ焼き
ジャンボの焼きそば
『キッチン』に出てくるカツ丼
うな重
ジューシー☆なハンバーグ
キッチンゴンのピネライス
ふたばの豆餅
Radio Bagel‎のクリームチーズたっぷりのベーグルサンド
コーヒーハウスナカザワのカレー…ああ、ナカザワのカレー!!


目標▼
一日のうちにシャキッと次につなげるための時間を持つ!
料理上手になる!
天気のいい日はちょっとでも外に出る!
家事は午前中に済ませる!
そんでもって、生活を楽しめるようになりたいなあ。

一気には無理でも、ジョジョニ。
とりあえず一品作って食べるか。
チーズとほうれん草のチヂミ予定。
[PR]
by sumiresugar | 2013-02-15 18:57 | Life

SHIGA LIFE

f0200501_20173423.jpg


6月、水無月。
滋賀へ来てまもなく1年が経とうとしています。

去年の6月は住み慣れた愛する京都を離れる悲しみで
毎日(文字通り、毎日)泣いていました。

仕事の帰り道、自転車を押しながら、
親に電話して泣き、
友達に電話して泣き、
しまいにはひとりで泣きながら帰ったもんです。

しかしいざ引越し、結婚(そう!結婚しました)、
怒濤の結婚式、電車通勤、退職、再就職、さらなる引越し、とあっという間に1年ですよ。

いやや〜なんもない〜おもんない〜
と思っていた(ごめんなさい)滋賀にも
すっかり馴染んで愛着が湧いてきました。

滋賀といえば、琵琶湖。
琵琶湖といえば、滋賀。

滋賀で生まれ育って何十年という滋賀の大先輩に、
「海が好きなんでいつか海のそばに住むのが夢なんです☆」
って言ったら、
「なんでや!琵琶湖じゃアカンのか!!」と真顔で切り返されたことがあります。

正直、琵琶湖か〜琵琶湖な〜あんまパッとせんな〜というイメージがあったのですが、
(余談:京都の人間は滋賀人のことをシガサクといってちょっとバカにするお約束がある)

ごめんね、琵琶湖。
今では大好きです。
静かで大きい、優しい湖。

滋賀の色も好きになりました。
ちょっとグレーがかったブルーとくすんだ淡い緑とベージュの、滋賀色。
30代になったから落ち着いた色が心地良くなったのか?

ただ、課題もあって、
車がないと面白そうなところになかなか行けない。
免許、やはり取らざるを得ないか。
現在、旦那さん以外「おまえは取るな」とほぼ反対しています…


まあ、そんなこんなで
「日常」が帰ってきました。
前のエントリーからほぼ1年ですわね、おほほほほ。




____________________________________________
[PR]
by sumiresugar | 2012-06-05 20:31 | Life

三月生まれ

今日のBGMはこれ


ブログのタイトルにつけてるくらい、
私の大好きな三月。
32歳を迎えました。


いろいろあった三月。


春が来るのが待ち遠しくて待ち遠しくて、
お花もちらほら咲き出して、
それがだんだん広がっていって、
空気も変わって、
何かが始まる前のソワソワ落ち着かない気持ち。


のはずの三月。
しかし今年はそんな浮かれモードではなく、
また気候も冬を長く引きずりました。


私の好きな三月、
日本中が悲しみにくれました。
きっと毎年三月が来る度に思い出すことでしょう。



しかし、それでも春は近づき、やってきました。

三月の悲しい出来事を忘れず、それでもゆっくりとでも、
この「春待ちの季節」から、春に向けてお花が咲き出したり、
移り変わっていくことが、
毎年希望に結びついていけたなら、と思います。


お花が咲くのを、喜ぼう。
やっぱり、これからも三月が好き。

元気な人は、元気出して行こう!!
ここですかさず私の最高に好きな春ソングを。

ピチカートファイヴのみなさんで、
「ベイビィ・ポータブル・ロック!!」

春が来ましたね。








____________________________________
[PR]
by sumiresugar | 2011-04-02 12:50 | Life

おひなまつり

f0200501_1324235.jpg

あかりをつけましょぼんぼりに〜
女の子のみなさん、おひなまつりしましたか?
もうすぐ32の私は、バッチリしましたよ〜

実家に帰ると、おひなさまがきれい〜に飾られていました。
去年は妹とふたりで飾った記憶があるのですが・・・
なんと今年は父がすべて飾ったとのこと・・・
想いを察して涙で前が見えません・・・うっうっうっ

ちなみにうち(実家)のおひなさまは、
一段です。おひなさまとおだいりさまのふたりきり水いらずです。
これは、うちがずっとマンション住まいが長く、
タンスの上が定番スペースとなっていたためだろうと察せられます。

そして、なぜかタンスやらお針箱や香炉やなんやかんやの道具がたくさんあります。
一段だし、飾るスペースもないのにと、結構不思議だったのですが、
今年謎がとけました。

おひなさまたちは、私が生まれたときに、
そしてたくさんの道具たちは、妹が生まれたときに、
けんかにならないようにと、それぞれに買ってくれたんだそう。
へえ〜そうだったのか。
親の愛やなあと、ちょっとジーン。

そんなひなまつり、
ご心配かけてますが、おかげさまで
ムスメ二人ともなんやかんや人生楽しんでます。

上の写真はうちの部屋に来て下さったおひなさまと、おだいりさま。
な、なんと彼氏さまのお母様が作ってくれました!

紙でとっても細かく作られているのです。
てのひらに乗るくらいのちいさなおふたりさま、
ちゃんとしまってまた来年飾ろうと思います。
うちの部屋には、ぴったりサイズ。
ひとりぐらしの部屋では、はじめて迎えるおひなさまです。

このおひなさまには背景がありまして、
震災の時に被災者の方の心を癒してもらおうと考案されたものを、
お母様は講師として、15年も作り続けていらっしゃるとのこと。

おんなのこは、いつまでたっても「おんなのこ」なので、
年齢に関係なく、このおひなさまが、ひとときでも
ホッと暖かい気持ちをもたらしてくれるのなら、と私も願います。


f0200501_245941.jpg
そしてひなまつりメニュー。
ちらしずしに、菜の花のおひたしに、蛤のお吸物に、さくらもち!
仕事から帰ってこしらえました。(さくらもちは買った。)
ちらしずしは桜のはなびらにしてみたのですが、わかりますか?

おんなのこスペシャルデーって、なんかすてき。
やっぱりやってよかった!


しかし明日には片付けなければ。
実家のは今日妹が行って片付けてくれてるはずなのです。
と思っていたのですが、

が!みなさん、wikipediaによりますと、

祭りの日が終わった後も雛人形を片付けずにいると結婚が遅れるという俗説は
昭和初期に作られた迷信である。

旧暦の場合、梅雨が間近であるため、早く片付けないと人形や絹製の細工物に
虫喰いやカビが生えるから、というのが理由だとされる。

また、地域によっては「おひな様は春の飾りもの。季節の節できちんと片付ける、
などのけじめを持たずにだらしなくしていると嫁の貰い手も現れない」という、
躾の意味からもいわれている。



・・・らしいですぞ。
かたずけるけど!


久々の更新ですが、これからもゆ〜っくり、おつきあいよろしくお願いいたします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by sumiresugar | 2011-03-05 02:00 | Life

いいやつ

f0200501_2105446.jpg


「やあ!」って感じでしょ。
うろうろしてたら、バッタリ遭遇。


「おじょうさん、よい天気ですね。これからどちらまで。」

「ええ、ちょっと自分でもわかりませんの。ほほ。では。」



のんきな休日の朝でした。






*********************************
[PR]
by sumiresugar | 2010-10-12 02:11 | Life

京都をてくてくと

昨日はめずらしく自転車でないおでかけ。

昼→バスで哲学の道のギャラリーへ『ぽち袋展』を見に。
f0200501_11531232.jpg

会場が2つあって、
ギャラリー高野では大正〜昭和初期のとても精巧かつ斬新な木版画によるぽち袋の展示を見る。
これが、かっこよい。
レイアウトやフォントの使い方、題材(描かれているもの)のチョイスのよさ。
そして遊び心。
ひとことで表すなら、まさに『粋』!
これだよー!ジャパニーズ・イキ!!!

とても貴重なもののため、一年にこの期間の間のみの展示だそう。
それを楽しそうに紹介してくれる奥様がお話好きでとっても素敵な方。


もっと見ていたかったけど、次の会場ギャラリー花いろへ。

ここで現代の作家たちによる、
オリジナルのぽち袋が展示・販売されている。
ぽち袋というお題で、あとは自由なため、いろんなサイズ・形態がありおもしろい。
ちいさな袋のなかに表されてる世界。
使えるっていうのも、なんかいい。
私もつくってみたいー!やっぱり紙モノが好きだなあ。


さてイップクしよかと入ったカフェで
たまたま向こうのテーブルのカップルが
彼女→my高校の吹奏楽部のしかも同じパート(打楽器)のかなり下の代の後輩
彼→my高校の私の担任の先生が最後に担任だった子

ということが会話から判明、ガマンできずに会話に乱入。
10代くらい下の子たちだったが、
あらためて京都、せまい!
そういえば私はずっと京都で育ってきたんやなあ、とボンヤリ思う。


夜→4年ほど?前に直島で同じ部屋になったTOKYOからの友達が社員旅行ということで、
2年ぶり?の再会。
最近4年ぶりか5ねんぶりか、
はたまた2年ぶりか3年ぶりか、がわからなくなってきた。
が、まーそれくらいぶりなのである。

相変わらずハクシキで元気いっぱいな彼女に会えて楽しい時間。
彼女のとまってる柊屋旅館に、すこし入らせてもらう。
立派で驚く。
入り口にはスズムシの音色。(テープじゃない)WAO!
多分、一生入る事ない場所やし嬉しい。
(京都に住んでいて、京都の高級旅館に入る事はそうそうないだろう)


別れて、駅からもうバスがないためてくてく20分かけて歩いて帰る。

歩きながら、思う。
私は自転車に18歳までのれなかったので、
どこでも歩いて行っていた。
歩いていると、ヒマなので、しかも自転車よりも神経をとがらせなくてよいので、
思考がゆっくりになる。
このゆっくりさを感じるときに、
それがそのまま懐かしい空気に繋がる。


これ、私のスピードにフィットするみたい。
自転車のるようになったの、
大人になってからやしね。
[PR]
by sumiresugar | 2010-09-12 11:49 | Life

切手で遊ぼう

f0200501_113776.jpg


先日、愉快なワークショップに参加してきました。
私の友人でありイラストレーターのカミヤリョウコさんの開いた切手あそびワークショップです。
f0200501_11215453.jpg

どういうものかというと…
切手の絵を生かして絵を作っちゃう、そして手紙を出しちゃう!
というものです。説明って難しい…

でも、上の写真を見て頂ければ一目瞭然!でしょ
こーいうことなのです。

最初に切手を選ぶ。
カミヤさんが持つ膨大なコレクション(お母様、おばあさまの代から受け継がれる家宝)
から恐れ多くもチョイスし、譲り受けた切手で
あれやこれやとストーリーを紡ぎだすのです。

これが決まればもう7割方完成したも同然、
というくらい皆真剣に悩みます。

切手の柄って、おもしろいんですよー!!
なんでこんなん作ったん?と聞きたくなるようなもの多数。

そしてその延長で絵を付け足したり、関連した風景を描いたりして完成させます。

私のは写真右親子3人が花火を見てワイワイやっているところを描きました。
よーワカラン絵ですが、切手に描かされたようなもんです!


写真上は相棒の作品。
弥勒菩薩がこの夏海に行こうか山に行こうかマジ悩んでいらっしゃいます。

写真左は二人の合作。
海上の橋を競歩選手が一生懸命歩いてます。
海なのに白鳥が優雅に浮いてるのはご愛嬌。

他の参加者さんたちの作品も全部説明したいほど力作ぞろい。
はあ〜その切手でそーくるか!とみんなで感心しあってました。
f0200501_11222141.jpg


これ、一度やると、フツーに切手貼るだけにするのが罪悪感を感じるほど…
(なんか絵をつけな!組み合わせな!)という強迫観念にかられます。
f0200501_13491929.jpg←このように…





ともあれ、楽しいことをまた一つ覚えました。
先生ありがとー!!
皆様も、おもしろいので一度やってみてください!!
[PR]
by sumiresugar | 2010-08-02 11:25 | Life

男の二態

いつもギラギラしてるなあと思って眺めている、会社の取引先の人。

スキンヘッドで、派手でおしゃれで、おそらくお金持ち。

彼を街でよく見かけることは多いのだけど、

今日は一日に二回も見かけた。

一回目、
若い女の子を横につれ、おそらく彼女のものであろう赤い小さいブランドものかしらと思われるバックを手に持ち、
マンションへ消えていく彼。


二回目、

ワールドカップのTシャツを着て颯爽と自転車にまたがり走り出す瞬間の彼。



アグレッシブである。
見た目と中身が見事にあった人だと思って感心した。


おしまい
[PR]
by sumiresugar | 2010-06-11 20:12 | Life

ひっそり告知

実は木版画を始めたのであーる。
そして明後日から1週間、ギャラリーに1枚作品がかざられるのであーる。

あさってから!

な、なんて唐突な。


いやー、今日まで果たしてできるのかどうかも定かでなかったんですのよ、奥さん。


というわけで、ひっそり告知です。

以前、クロッキー二人展をやりましたときに、
ギャラリー探しのため二人でいろんな場所に偵察に行ったのですが、
場所も見るが、作品も見る、
その中のひとつに、たまたま木版画の会が作品展をしておられた。

「木版画にご興味が?」
「は、まあ」(この時はギャラリーを物色しにきたのだけど、そのために来たんですとは言いづらい)
「だったら、会に入会しなさいよ。おもしろいよ。」


そして一年後、その同じギャラリーで私の木版画がかざられるとは。



はっはっは。


そのギャラリーとは、
そう、私たちが最終的に二人展をやることにしたギャリエヤマシタです。
どうもご縁があるようで。
不思議なもんです。


さて、木版画。

絵を描くのと大きく違うところは、

◎いくつかのプロセスを踏むことと、
◎そのために計画性がいること。
◎また、木を削るので、力がいること。
◎色が入るところを残し、いらない所に手をいれる、つまり削る、これも絵と正反対。
◎木は、木目があるため、その性質を考慮にいれないとならない。
◎そして、一生懸命彫ったあとは、紙に刷る、ここでも紙や絵の具や刷り方によって作品が大きく左右される。

などなど…

まだまだまだまだ、思い通りにはなりませんが、
これはきっとどんどんおもしろくなっていく気がします。


彫って、刷って、紙をはがして確かめるのは、ちょっとドキドキ。
おっ、ドキドキしてるよ私、なんて。
楽しい。


寺町姉小路のギャリエヤマシタ2Fで
6/1〜6/6
11:00~18:00 です。

私の作品は超初心者のヨチヨチ歩きなので笑って観て下さい、
しかしみなさんの作品は達人級です。
お暇おありの方は是非観にきてくださいね!
[PR]
by sumiresugar | 2010-05-31 00:06 | Life

朝早く目覚める

目が、ぱっちりと!

こんなふうに起きてしまう朝が時々ある。

レム睡眠とノンレム睡眠の(あの)グラフの波がちょうど頂点になった頃に

昨夜に洗濯物を干したため窓をあけてあったその隙間から

交通違反のサイレンが耳に入って
(ウウ~)

目が覚めた午前5時きっかり。


その瞬間から頭は冴え渡っている。
ひとまずベッドを出ようか。


喉がかわいている。
昨日も化粧を落とさず寝てしまった。
服も着替えず寝てしまった。
電気も付けたまま寝てしまった。

笑ってしまうくらいにダメダメな夜に愛を。



まず顔を洗う。

薄いお酒を作って飲む。

パジャマに着替える。
まだ夜を生きようか朝を生きようかはっきりしない

さてどうしよう!


そうこうしてる間にも鳥、チュンチュン鳴き出す。

表は急スピードで明るくなってくる。


下を通る誰かの携帯電話。


カラスも鳴き出す。



街の目覚めと共に自分も目覚めていく。
ちょっとお酒でほんわかしてしまったけど、やっぱり起きよう!



というわけで、おっはよー世界!
[PR]
by sumiresugar | 2010-04-27 05:19 | Life


********************* 京都・三月生まれ・三十路・日々あれやこれや*********************


by sumiresugar

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
Gallery
Memo
Travel
Favorite
Life

以前の記事

2013年 09月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 06月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

お気に入りブログ

今日マチ子のセンネン画報
ubsna
mitsuba
ど35生活
炊きたてごはん。
かみ添 - Kamisoe -
エゾノコ手作り帳
 konefaの夢☆生育...

メモ帳

検索

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧